用語を検索

You are here:
< Back

 

役割:人工毛は把持する利き手用と、顧客のまつげをかき分ける逆手用として2本のツィザーを同時に使用します。
その他テープを剥がす場面などでは、先端形状が丸型になっている安全性の高いものを使用します。

 

注意点:施術中に落としてしまった場合は必ず消毒済みのものに交換する事。
先端が鋭く尖っているため使用する角度は常に維持し、集中すること。
生体親和性に優れたチタン製でも金属アレルギー発生は皆無ではないので、皮膚に触れないこと。

お客様ごとにアルコール消毒済みの物を使用すること。
*ツィザーの選び方と注意すべきこと
ステンレス製 チタン製(ステンレスよりも軽くアレルギーも発症しにくい)

・ツィザーを選ぶときは数ある形状の中から使用感を確認し、自分に最も合ったものを選び、
しっかり慣れてから施術に使用します。
・金属アレルギーの方への対策としてチタン素材のツィザーも用意しておくのが理想です。
・万一、落としても肌を傷つけることの無いようツィザーは必ず顧客の顔と並行にして使用しましょう。
また、施術中は人にぶつかることがないよう、人が通らない環境で施術するようにしましょう。
※松風まつげエクステ技術者養成基礎講座テキストより抜粋