用語を検索

You are here:
< Back

シアノアクリレートは空気中の水や被着物表面の微量の水等(重合のトリガーとなる物質)によって増粘硬化が開始されます。
通常容器に入ってるときは、液体の容量に対して空気に触れている表面積が小さく、増粘硬化しにくい状態ですが、
容器から取り出し接着操作を行うことで増粘硬化が活発になり、全体が連鎖的に増粘硬化していきます。
科学的にはこの硬化原理を「重合反応」といいます。また、施術空間(室内)におけるPhの関与(アミン・アルカリ等)で反応性が変わります。
※松風まつげエクステ技術者養成基礎講座テキストより抜粋