2018.5月 中国松風講習 in上海
〜中国のスクール事情〜

こんにちは! 松風公認エデュケーターの河本です。
5月上旬は中国松風講習8日間を担当させて頂く為、上海出張に行って参りました。

去年から中国講習の講師として担当させて頂き、今回で3回目の講習となりました。
とにかく中国講習は賑やかで、参加している生徒さんもエネルギッシュです。
(中国人、声は日本の3倍くらい大きいです!始めは喧嘩をしているのかと思うほどでした 笑)

中国松風講習のベーシックコースは8日間。
この期間に理論、実技をみっちりと入れ込み、最後に合格試験が行われるという、かなりハードで濃厚なスケジュールになっております。
生徒さん達は、上海の方もいますが、遠い都市から飛行機でくる方も多く、殆どがホテル滞在で講習会場を往復し8日間頑張っています。 参加者は、初心者、若干の経験者と参加目的も様々という16人のクラスを 通訳さんとまとめていきながらのスクールです。

私も挨拶程度の中国語は話せますが、専門用語や試験に関わる細かい表現などは全く出来ませんので、通訳さんの力無くしては講習が成り立ちません。通訳さんが一日中フルパワーで頑張ってくれています。 (通訳さんは私達講師と同じレベルで学習し、松風講習の試験をクリアした有能な通訳さんです。とても頼もしいです!!)

カリキュラムは大変な内容ではありますが、中国の生徒さん達はとても素直で元気で個性があります。

今回は男性アイリストもいて、ユーモア溢れるチームワークの良いクラスでした。
毎回クラスのカラーが違うところも面白いところでもあります。

今回のクラスでも、経験者が初心者の生徒さんをサポートしてくれたり、少し日本語ができる生徒さんが通訳をしてくれたりと、出来ることを率先してやってくれてサポートしてくださり、とても有り難かったです。

講習では、生徒さんといろんなお話をしました。
今後どのようになっていきたいかを聞くと、 「サロンを経営したい」 「海外でお仕事がしたい」 「ブライダルに関わる仕事をしているので幅を広げたい」「結婚するので手に職をつけて家族をサポートしたい」など様々です。
それぞれの生徒さんに夢があり、この講習からスタートするストーリーがあると思いました。

この中国松風講習で、アイリストというお仕事は、自立し夢を叶える技術であり、その技術は国境を超え夢を掴むことが出来る素晴らしいお仕事ということを、実感致しました。
わたくしは「海外に通用するようなお仕事がしたい」と長年強く思っておりました。
わたくし自身もこのお仕事を通じて、自分の夢を実現させていただいてるひとりでも有ります。
一人でも多く、日本、中国のアイリストとして歩んで行く生徒さんに何かインパクトを与え、夢を掴み自信をもって歩んでいただけるよう、精一杯お手伝いをしていきたいと思います。

7月はまたステップアップ講習で上海に参ります。
その際のレポートもまた投稿したいと思います!

株式会社ブロンズアイ講師 松風公認エデュケーター 河本文香

Translate »